2018/06

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

<< >>


new category profile
25 Tuesday
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



| | - | スポンサードリンク |
| - | - |

25 Tuesday
友情か、あいじょうか。

男女の関係とか、そういうの。最近私が見た芝居にそういうのが多くて、よく考える。

例えば、男女間の友情は成立するのか否か。

そもそも、友情が成立している状態っていうのは何なんだろう。

同性間でも、友情が成立している状態っていうのはすごい不安定な状態だと思うんだけど。

友情っていうのはどういうくくりなんだろう。

長く一緒にいてさ、本当に何も気を置くこともなくてさ、お互いのいいところ、悪いところも全部知ってて、喧嘩もして、それでも一緒にいるのが心地よくて。

その人が困ってたら助けてあげたいし、自分が困ってたら助けてくれる。

いわゆる親友っていう人。

でもなんか、私の感覚だけど、そういう人たちに対する感覚って、友達っていうより家族に近い。

私の場合そういう人たちの方が家族より一緒にいる時間長いしね。

いや、そうでもないのか。家族は20年間一緒にいたんだもんな。それに比べたらわずかな時間か。

まあ、そういう感覚が、同性間の友情でもあるわけさ。

じゃあそれは、友情なの?その、家族に近いって感覚は。友愛?家族愛?

友愛っていうのは友情より強いの?家族の絆ってやつよりも強いの?

家族と、その友達が同じように困ってたら誰を助ける?私はたぶん友達かな。それは、人それぞれ育ってきた環境で違うだろうけど。

そういう感覚をさ、異性に対しても持ってるっていうのはさ、何ら不思議なことじゃないと思うんだよね。

同性に対して、何かしてあげたい、助けてあげたい、一緒にいたいって思ったら友情だけど、異性に対して思ったらそれは友情じゃないっていう考え方はよくわからない。理解はできるけど、納得できないというか。

そりゃ、愛かもしれないけど、恋ではないと思うんだよね。

恋はなんかさ、見返りを求めてるというか。自分が相手を愛する分、相手からも愛されたい。でも愛って、自分から与えるだけで与えられることを期待していないって解釈なんだけど。

いや、そこまで高尚な考えで友達と付き合ってるわけじゃないけどさ、でも、友達が困ってた時、こいつ助けたら後から私に利益あるなって考えながら助けることってあんまりないんだよね。考えて助ける人もいるだろうけど。それはそれでその人の人付き合いの仕方だから悪いとは思わない。私はしないってだけで。

それを、異性に対してやってたら、ああ、こいつ、あいつに気があるんだなってなるの、納得いかないんだよね。

そもそも、愛情とか友情とかそういう形のないものの証明なんかできないのに、男女の友情は成立するのかっていう証明はどちらにせよできないんだよね。

そりゃさ、あると思うよ。片方は本当に友情のつもりでつきあってるけど、もう片方は恋心を抱いてて、それを隠して付き合ってる。

それでも別に、友情は成立してるんじゃないかな。

だってさ、ほんとに若者言葉でいうニコイチみたいな仲のいい同性の友達と、恋人同士の違いってやることやるかやらないかだけだと思うんだ。

じゃあやってなかったら友達でいいんじゃないかな。

 

なんか何言ってるかわかんなくなっちゃった。

まあそういうことです。

男女間の友情は成立するか否かはわかんないけど、ないって証明することもできないんじゃないかなって話でした。




25 Tuesday
スポンサーサイト



| 01:26 | - | スポンサードリンク |
| - | - |

comment









trackback
trackback URL: http://kynr-mnm.jugem.jp/trackback/79
archive links