2018/04

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

<< >>


new category profile
25 Tuesday
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



| | - | スポンサードリンク |
| - | - |

25 Tuesday
友情か、あいじょうか。

男女の関係とか、そういうの。最近私が見た芝居にそういうのが多くて、よく考える。

例えば、男女間の友情は成立するのか否か。

そもそも、友情が成立している状態っていうのは何なんだろう。

同性間でも、友情が成立している状態っていうのはすごい不安定な状態だと思うんだけど。

友情っていうのはどういうくくりなんだろう。

長く一緒にいてさ、本当に何も気を置くこともなくてさ、お互いのいいところ、悪いところも全部知ってて、喧嘩もして、それでも一緒にいるのが心地よくて。

その人が困ってたら助けてあげたいし、自分が困ってたら助けてくれる。

いわゆる親友っていう人。

でもなんか、私の感覚だけど、そういう人たちに対する感覚って、友達っていうより家族に近い。

私の場合そういう人たちの方が家族より一緒にいる時間長いしね。

いや、そうでもないのか。家族は20年間一緒にいたんだもんな。それに比べたらわずかな時間か。

まあ、そういう感覚が、同性間の友情でもあるわけさ。

じゃあそれは、友情なの?その、家族に近いって感覚は。友愛?家族愛?

友愛っていうのは友情より強いの?家族の絆ってやつよりも強いの?

家族と、その友達が同じように困ってたら誰を助ける?私はたぶん友達かな。それは、人それぞれ育ってきた環境で違うだろうけど。

そういう感覚をさ、異性に対しても持ってるっていうのはさ、何ら不思議なことじゃないと思うんだよね。

同性に対して、何かしてあげたい、助けてあげたい、一緒にいたいって思ったら友情だけど、異性に対して思ったらそれは友情じゃないっていう考え方はよくわからない。理解はできるけど、納得できないというか。

そりゃ、愛かもしれないけど、恋ではないと思うんだよね。

恋はなんかさ、見返りを求めてるというか。自分が相手を愛する分、相手からも愛されたい。でも愛って、自分から与えるだけで与えられることを期待していないって解釈なんだけど。

いや、そこまで高尚な考えで友達と付き合ってるわけじゃないけどさ、でも、友達が困ってた時、こいつ助けたら後から私に利益あるなって考えながら助けることってあんまりないんだよね。考えて助ける人もいるだろうけど。それはそれでその人の人付き合いの仕方だから悪いとは思わない。私はしないってだけで。

それを、異性に対してやってたら、ああ、こいつ、あいつに気があるんだなってなるの、納得いかないんだよね。

そもそも、愛情とか友情とかそういう形のないものの証明なんかできないのに、男女の友情は成立するのかっていう証明はどちらにせよできないんだよね。

そりゃさ、あると思うよ。片方は本当に友情のつもりでつきあってるけど、もう片方は恋心を抱いてて、それを隠して付き合ってる。

それでも別に、友情は成立してるんじゃないかな。

だってさ、ほんとに若者言葉でいうニコイチみたいな仲のいい同性の友達と、恋人同士の違いってやることやるかやらないかだけだと思うんだ。

じゃあやってなかったら友達でいいんじゃないかな。

 

なんか何言ってるかわかんなくなっちゃった。

まあそういうことです。

男女間の友情は成立するか否かはわかんないけど、ないって証明することもできないんじゃないかなって話でした。




27 Monday
おもい

死ぬほど好き、とか、殺したいほど好き、っていうの、戯曲とか歌舞伎とか、とにかく昔のものに出てくるけど、なんでそこまで好きなんだろう。昔は今ほど豊かじゃない。ふと思いついて海外行ったりとか、声が聞きたくなって電話したりとか、地球の反対側で起きた交通事故に心を痛めたりとか、てか今一生懸命書いてたこのあと消えた。いやかくけど。続きね。食べたいなって思ったもの食べたりとか、暗くなったら電気つけたりとか、そういうことはできなかった。でも、だからこそ、雑誌のコラムとか、ニュースの特集とか、ラインのスタンプの有無とか、SNSの呟きなんかに惑わされずに、自分の目で見て、自分の耳で聞いて、自分の肌で感じた相手を心から信じて、好きだったんだと思うんだよね。好きってさ、本能じゃん。でさ、本能で言えば、生きたいっていうのが1番の本能じゃん。好きっていうのも、種の保存の本能かもしれないけど、種の保存をする前に死んだら無意味じゃん。でも、その1番の本能を投げ捨ててでも、投げ捨てさせてでも好きってことじゃん。それってすごいなって。語彙力のなさ。でね、それを、想像しなきゃいけなくなった時。そもそも、私は、生きることへの執着が薄いんだと思うんだよね。死にたがりとか鬱とかそういう意味じゃなくて、コレのために生きていたい、ってものが、本当にあるのか自信がないってことね。ただただ生きていたい、死にたくないって思ってるわけでも、これが生き甲斐だ!と胸を張れるものがあるのかどうかも自信がなくて、ただ惰性で生きている私に、それが想像できるかということ。これまでの人生短い中だけど、それこそその後の人生になんの影響もないことだったとしても、今ソレを捨てるか、たとえ困難があろうとも持ち続けるかの選択を迫られた時、私はおそらく、楽な、捨ててしまう道を選んできたから、捨ててしまえる程度のものしか持っていなかったということ。そんな私が、ソレがなければ、ソレがなくなってしまうのならば、いっそ、死んでしまいたいと思うほどのなにか、その想いを掴むことなんてできるんだろうか、なんて。ちろっと深夜に考えごと。別に病んでるわけでもないです。むしろいつもアッパラパーで何も考えてない私がこういうこと考えるようになったのは進歩。心中ってすごいよね、心の中って書くんだよ。何で?調べてみたんだけど、昔の遊女さんたちってさ、本当に好きになった人がいると、髪切って送ったり、入れ墨したり、指切り落としたり、生爪はがしたりしたんだって、でまあ、遊女さんたちだから、商売道具に傷つけてるじゃん。生活成り立たないじゃん、でもそれほど、あなたが好きですって。心中立って言ってたらしいんだけど。で、それの最たる表現として、愛し愛されてるけど、一緒には成れない。その愛の表現として、一緒に死のうってのが心中。相手に私の心は嘘偽りありませんって中を見せてる証拠として。いやだから、一家心中とかは本来の心中の使い方とは違うみたいね。一家心中は無理心中の一種だね。無理心中も無理矢理心中の略でしょ?たぶん。こういうの書いてると止まらなくなるから寝ます。またたぶん書きたくなるので書きます。あでぃおす。




11 Wednesday
ふたたび

ブレイズ中ー

全頭にしようかと思ったけど後ろうまくいかないし、ポニーテールのときかっこいいから前半分にしたよ








14 Sunday
かみのけ

最近ファンキーになりたがってます。

赤のグラデーションヘアにして早2ヶ月くらい。




半月くらい前はブレイズヘアにもした


エクステを通販で買ったら紛失で届かなくて諦めて毛糸でやったよね。
発色いいから意外といいかもとか思ったけど、
外す時めちゃくちゃ苦労したから多分もう使わない(とか言って多分使う


外したらモリゾーになったけど



ドレッドも興味はあるけど、ストレートに戻せないからなー。
ほんとはツーブロックにもしたいけど、ここまで伸ばした髪を刈り上げるのもちょっともったいない。
そんなわけで、コーンロウでサイド編み上げてモヒカン風にでもしようかと思ってるんだけど

誰かセルフコーンロウの練習方法でも教えてくれないかな




30 Saturday
現代科学のすごさよ

はいはーいまたサボってました。

いくつか前の記事でエアコン来たーって言ってるんだけど、
これ便利だね。
灯油ヒーターいらないし電気代安いし。
実家から持ってきた灯油ヒーターどうしようかな・・・いらなくなっちゃったな・・・




23 Sunday
次回公演は?

ここで、唐突ですがねじれの街稽古風景の巻。
全部は、公式ブログに更新予定ですん。



アイドルたち。


石田トリオ。


そして軍団へ。


さてさて、次はどんなお話になるやら?

次回公演は10月30日(金)〜11月2日(月)!
いつもと曜日構成が違うのでご注意を!




17 Monday
エアコン

エアコンがきました!!我が家に!!やっとこさ!!!



一人暮らしをはじめて1年ちょい。
去年の夏はなんとか扇風機だけで乗り越えたけど、今年はギブアップしました。
寝てる間に熱中症とか怖いからね。

とか言いつつ、一番暑い時期はもう終わったみたいなので、なんだかんだで今年も乗り切っちゃったかな?

でも、除湿運転の快適さがやばい。
これは、ダメ人間になってしまうぞ。




11 Saturday
くせ

私の悪い癖。
癖っていっても、性格的な癖なんだけど。

自分に関することを後回しにする癖。
今はこれやらないといけないから私のこれは後ででいっかーってやつ。

でも自分のこともちゃんとできない奴が他人の世話焼くなって話なんですよね。
「私はアレやコレややってるから、自分の時間が全然ないの!」
「でもアナタタチのためだから苦じゃないわ!」
みたいなのって、いや、悪くはないと思うんですけど、苦手なんですよね。

なんていうか、それをおくびにも出さずにやりきる人はすげーなあって思うんですけど、
いちいち口に出す人いるじゃないですか。
結構自分もやっちゃうんだけど、やっちゃうたんびに
「じゃあやるなや勝手に自分で引き受けたんだろうが」って。

言い方悪いけど、自分がやれると思って自分で引き受けたんだから、
その仕事はぶちぶち言わずにやり切るべきだしやり切るのは当然だし別に威張ることじゃないよなーって。

とくに私たちみたいに好きなことやってんだから、大変なのも好きなんだろって。

いやでもさ、冗談半分とかでさ、言ったりはするよ?
本気でそういう、「やってあげてるワタシ!」っていう人はなんだかなーって思うって話ね。




01 Wednesday


話が通じない人っているよね。
日本語同士で話してるはずなのに、妙に噛み合わない。

「好きな食べ物はなんですか?」
「僕豆腐より納豆が好きなんですよねー!」

いや、好きなもの聞いたのであって、何より何がっていう比較は聞いてないんです。

こんな些細なのは、日常会話で気にしたりはしないんだけど、
その会話の結果が致命的なミスだったり、ありえない勘違いを起こしたりするのであれば、流していくわけにはいかない。

そう思って、そんな相手にもわかるようにというか、勘違いのないように会話してきたつもりだったんですよ。

「好きな食べ物はなんですか?」
「僕豆腐より納豆が好きなんですよねー!」
「あ、そうなんですか。じゃあ、納豆が一番好きってことですか?」
「うーん、納豆よりはメロンパンが好きかなー」
「1番は?」
「1番は唐揚げかな!」
「じゃあ、唐揚げって書いといてくださいね。」

みたいな。

私も言葉が達者な方ではないから、やっぱりそれでもミスがあって。
それでもそれでも次のミスがないようにないようにしてきたつもりだったけど、やっぱり無理だった。

諦め癖のある私は、そこで、
あー、こういう人なんだなー。まあ、任せなきゃいいだけだし、いいか。
なんて思っちゃって、その人を諦める。

それはその人にとってとんでもなく失礼で侮辱にあたることだとわかっているけど、じゃあどうしたらいいんだろう?
そんなもやもやを抱えたりする、夜もあります。




25 Wednesday
チルトシフト

こないだ名古屋駅に行った時に、チルトシフト写真なるものに挑戦してみました。

ジオラマに見えるような写真。


これが一番それっぽくできた。

後の二枚は、空に遠近感持ってかれて、あんまりミニチュア感がないね。



本来のチルトシフト写真ってのは、チルトシフトレンズってやつを使うんだけど、


ティルトシフトレンズとは、カメラのレンズの一種で、レンズを水平方向・垂直方向に移動させることで、いわゆるアオリ撮影を可能にするレンズのことである。


要は、普通に撮ったら遠近法で歪んじゃう建物とかを、レンズをずらすことで歪んでないように写すってことみたい。

で、このチルトシフトレンズをズラして意図的にピントや遠近感をちぐはぐにすることで、ジオラマみたいに見える写真が撮れるってわけ。


私は上の写真をアプリで作ったんだけど、
ボカシで周りの8割をボカすことで遠近感をなくし、ピントを一点に集中させることで、擬似的にチルトシフトっぽい写真にできるっていう感じらしい。
でも、お空の遠近感は多少のボカシごときではどうにもならなかったので、
空はあんまり写さないほうがうまくいくかなーってのが、今回の収穫かな。




archive links