2018/08

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


new category profile
25 Tuesday
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています



| | - | スポンサードリンク |
| - | - |

22 Monday
ねじれた

いやー、やっと終わりました。終わっちゃいました。

「ねじれの街」


25周年記念ってことで色々頑張りました。

色々なとこで言ってますが、
私が生まれたその日に旗揚げしてた劇団ですからね。
色々考えることはあるわけですよ。

まあ終わるまではぶちぶち言ったり泣いたりなんやかんやありましたけど、
終わるとあーよかったなーまたやりてーなーと思っちゃうわけですよ。

だから芝居続けちゃうんだけどね。


まあこれからも頑張ります。何卒よろしく。




02 Thursday
チケット

稽古カテゴリか日記カテゴリかなやんだけど記事数少ないし稽古カテゴリにしてみた。

こないだ、劇団の後輩に熱く語っちゃったチケットの話なんだけど。

何かたまに、「僕から予約してくれたら前売りから更に安くしますよ!」なんて言ってる人を見たりする。
それはそれで、その人がお客さんをよぶ方法なんだろうし、お客さんにとってはそりゃ安いに越したことはないから、
その人から買うんだろうなとは思うんだけど。
私が言いたいのは、それをついったーとかブログとかで公表しちゃう人の話ね。

そもそもチケット料金は、団体として、劇団として、「我々があなたに見て貰おうとしている芝居はこれだけの価値があるものですよ」っていう一種のアピールだと思うんですよ。
もちろん団体側としても、チケット代を設定したからにはそれ相応かそれ以上のパフォーマンスをする義務がある。
3000円の公演をするとして、3000円分の価値が有ると団体側が自信を持ってオススメして、それをお客さんが見たいと思って、
交通費払って会場に来て、3000円払って見て行ってくれる。
そこで、3000円分のパフォーマンスをすれば、「おもしろかった」になるし、
それ以上のパフォーマンスができれば、「来てよかった」「また来よう」になるんだと思う。
なんていうかそういう、「意思」が有って「意図」があって、3000円っていうチケット代を設定しているのだから、
その3000円っていうのにも自信をもって宣伝していけばいいと思うの。
だから、不特定多数の目につく場で、「僕から予約すれば割引します!」っていうのは、
「自分の出るその公演に3000円分の価値はないから値引きします!」って言ってるのと同じじゃないのかなあ、っていう疑問があるんだなーって話ね。

そりゃあ、お客さんは安い方がいいだろうし、安い方がいっぱい来てくれると思うよ。
でもお客さんも、3000円払えば3000円分のものを見たいと思ってしっかり見てくれるだろうし、自分たちが3000円分だと思ってるパフォーマンスを、2000円分だと思って気を抜いて見られるのは、それはそれでまた損なんじゃないかなって思うし。

とはいえ、団体として割引やってるところはたくさんある。
団体として、「早期予約割引」や「名前に○○が付く人割引」「カップル割」なんていうのをやるのは、
もちろん安くすることでたくさんのお客さんに入ってもらうためだけど、面白い割引をする事によって、
「そんな割引してるのはどんな団体だ?」「名前に○○入ってるから安くなるし、行ってみるか」っていう人を出して
新規のお客さんを開拓する意図もあると思うのね。
そういう、明確な意図があって、チケット料金を割引してくっていうのは、ありだと思う。
それに、個人でメールのやり取りをしてて、「見に行きたいけど、遠方だからきついなあ」って言う人に、
「じゃあ交通費は出すから、是非見に来て。それだけの価値が有るんだ」っていうのは、いいと思う。


何かよくわかんなくなってきちゃったんだけど、とりあえず言いたいのは、
個人的なメールのやり取りのなかで、「どうしても見に来てほしい。」「見に行きたいけど、今月厳しくて・・・」「じゃあ、ちょっとだけ割引するから、それでも来てほしい」って言うのはありで、
「とにかく見に来て!僕から買ってくれれば割引するよ!」ってついーとするのはナシ。

あー。文章って分かりづらいな。
精進精進。

割引自体が悪いとかそいういうことを言ってるんじゃないよ。
アプローチの仕方によっては、自分たちが損をしちゃうんじゃないかなって話。
だってさ、
「3000円のお弁当、私から買ってくれれば1000円にします!」って、何か不良品かなって思うじゃん。




31 Tuesday
顔合わせ

何か全然稽古関係の事書いて無いなーと思って今回は。

30日に顔合わせしました。
皆いい人ばかりで、楽しくやれそうです。

私は基本的に人づきあいが苦手なタイプの人間なので、
今回のオーディションで参加することになった子たちとか、なるべくお話して
早く仲良くならないとなーとか奮闘してたら、
横で原さんとか上田さんとかがめっちゃ仲良くなっててびっくりした。

あれ?稽古の話じゃないね?

稽古の話で言うと、最近自分の体を見つめなおすって事をやってました。
セルフイメージ?みたいな?
どれだけ体を鍛えてもどれだけ体がやわらかくても、それを自在に使えなきゃ意味が無いって事で。
それでわかったのは、意外と、脱力ができない人って多いみたいね。
意識したところだけを脱力させる事が出来なくて、常に全身に力が入ってるから、肩こり治らないとかね。
セルフイメージができるようになれば、肩こりも治って一石二鳥!あれ?これまた違うかな?

いつもはあいふぉんちゃんで書いてるんだけど、今回パソコンで書いてみたら文章めちゃくちゃだね。この辺も精進します。




11 Wednesday
ひつじタイムズ

ひつじタイムズ!発行開始です!

今週末の公演に号外が折り込まれてます!
見つけられましたら、是非是非ご覧ください〜*\(^o^)/*



ひつじタイムズってことで、新聞調にしてみました。
主宰の写真が犯人っぽいのはプライバシー(笑)です。仕様です。

最初は仮チラシってことで、号外のみの発行だったんですけど、
せっかくひつじタイムズってつけたし、勿体無いので、これから不定期で発行していこうと思います!と、今私が決めました!(笑)


今回公演の出演者インタビューやウラ話、おトクな情報まで皆様にお届けできたらと思います(o^^o)
どうぞ、ひつじタイムズをよろしく!




14 Thursday
寒さ安らぐ?

本当に寒いですね。でも明日にはすこし寒さが和らぐそうな。

翔航群のアトリエもかなり冷え込みますが、
稽古していると結局暑くなってきます(笑)
そして稽古後、冷える汗との闘いがまた繰り広げられるという・・・(;^_^A

本日も稽古です。本番に向けて走り抜けるのみです。
今回の闘いは本当にどうなることやら!
結末は!あなたの目で!
どうぞ、お楽しみに〜(*^^*)

劇団翔航群 第34回公演
「VS(闘い)がある。」
作・演出 久川徳明

☆day&time!
2013/11/28(thu) 19:30
2013/11/29(fri) 19:30
2013/11/30(sat) 14:00 18:00
2013/12/01(sun) 11:00 15:00

☆place!
翔UPファクトリー
(翔航群アトリエ)
地下鉄桜通線「中村区役所」駅下車
4番出口から南へ徒歩5分!

☆ticket!
一般 ¥2000 (当日+¥500)
学生 ¥1500 (当日+¥500)
高校生以下 ?1000 (前売・当日共)
ペアチケット ?3600 (前売・予約のみ)

☆cast!
南立敬
佐々木和代
藤井見奈子
原みなほ
南里奈
野田優里香
ツトム(翔撃集団ズンバラリン)
大岩聖(一匹狼座)




archive links